ライターになりたい人向けの「書く技術」を教えるライター講座まとめ

ライター講座

今、ものすごくライターさんへの需要が高くなっています。ライティングの副業をされている主婦の方も増えてきましたし、大手企業も「読まれる記事」を出したいために、ライター募集で「書ける」ライターを探しています。求人サイトの人気も高くなって来ています。

需要の高まりと同時に、ちまたにはライター講座という「書く技術」を教える教室がどんどん増えてきています。
そこで、ライター講座の価格やそれぞれの特徴をまとめてみました。

ライターの種類

各社の講座の説明をする前に、ライターとってもさまざまありますでの、ライターの種類を紹介します。

コピーライター

CMやホームページのキャッチコピーを考えたり、Webのバナー広告のキャッチを手掛けるライターを指します。自身でデザインはしないのですが、ウェブデザイナーとタッグを組んでキャッチコピーを考えたりします。

Webライター

Webにアップされる記事全般を作成するライターを指します。ソーシャルワーキングサイトに登録してご自身で仕事を獲得して稼ぐ人も増えてきています。いまどき一番需要のあるライターですが、今後は記事を書くだけでなくワードプレス(WordPress)といったブログシステムを使いこなせるライターが優遇されていくでしょう。

トラベルライター

世界各地の旅をして、それらの経験をもとに記事にします。旅好きな方はトラベルライターが向いています。ライター数の少ない地域のトラベルライターになれば、人気になりやすい=仕事が多いという特徴があります。

グルメライター

レストランに取材に行き、料理の説明やお店の特徴を記事にします。食べログの投稿とは違い、オーナーやシェフに直接インタビューしたりすることもあるので、「質問力」や「コミュニケーション力」を必要とします。

ルポライター

ジャーナリストとほぼ同じです。社会問題、事件についての概要、自身の意見を記事にします。取材も自らすることが多く、会社に属さず記事をテレビ局や出版社に売り込む人も多いです。

ゴーストライター

載せるべきか迷いますが、芸能人の本のほとんどはゴーストライターの手によって書かれたものです。取材をして文章に落としこんでいくため、グルメライターと同様に「質問力」や「コミュニケーション力」を必要とします。
出版社に所属していない人も多く、フリーライターとも呼ばれます。出版社から手付金が支払われたり、出版する本の印税契約を結んで収入を得る形もあります。

 
ライターのジャンルはここに挙げただけではありませんが、グルメライターがWebライターの仕事もしたりしますし、トラベルライターがルポライターの仕事をしたりと、ジャンルを問わず「書く」仕事がライターと言われる仕事です。

それでは、ライター講座を紹介していきます。口コミがある講座に関しては掲載しますので参考にしてください。料金は平成27年1月29日時点を表記しています。

宣伝会議

サイト:http://www.sendenkaigi.com/

宣伝会議の特徴

宣伝会議はライター講座の老舗中の老舗。「マーケティング・コミュニケーションの総合シンクタンク」と名乗るだけのことはあります。講座数が膨大でどれを選んでいいのか迷うかもしれません。

実績のある講師陣が教えてくれ、通信講座もあります。実践的なスキルを磨くことができるので即戦力となるライターが育つカリキュラム内容になっています。

おすすめ講座

コピーライター養成講座 先輩コース

普段コピーライターとして仕事をしている先輩たちが講師となりコピーライターの技術を教えています。通常の講師と違って現役で仕事をしているライターが教えてくれるため、現在のライター業界のこと、そこで生き抜いていくための技術を習得できます。

料金: 92,500円
サイト:コピーライター養成講座 先輩コース

文章力養成講座

文章力そのものの向上を目的とした講座です。ライターになりたい人向けではありません。大学のレポートや就職活動の際のエントリシート、ビジネス文書などに役立つ技術を学べます。文章力や表現力に自信がない方にはおすすめです。

サイト:文章力養成講座
料金:92,500円

コピーライター養成講座 基礎コース

約半年の間に40回もの講義が行われます。広告業界を目指す方向けです。卒業生の多くが広告業界に就職を果たしているという実績があります。1回の講義が5000円弱だと思えばパフォーマンス的にはいいのではないでしょうか。

料金:160,000円
サイト:コピーライター養成講座 基礎コース

宣伝会議の口コミ

私の周りにいるコピーライターのほとんどが受講しています。・・・で、結論から申し上げますと、業界への足がかりになるかどうかは、ご本人に本来備わる能力次第といったことろです。

この職業は、努力が確実に実るとは限りません。そもそも、コピーライターとしてのセンスが備わっていないと、いくら努力しても難しい業界です。書けない人は、どんなに努力をしても無駄になってしましまいます。

受講するというのは、コピーライターとしての能力があるかないかを確認する「リトマス試験紙」のようなもの、と考えたほうがいいようです。

20年以上前に受講しました。正直な話、実力が上がったとか就職に有利になったとかは感じませんでした。が、同じ志をもつ幅広い年齢層の人と友達になれたことはよかったと思います。最終的には希望した業界に就職できました。

私も経験者で参加しましたが、結論としては「受講してよかった」と思っています。少なくとも「モトは取った」と感じました。いろんな人の「モノの見方」は大いに参考になったし、先生から具体的なテクニックも教わり、スキルアップに役立った手応えはありますね。

別にわざわざお金払ってまで行く必要はないと思いますよ。養成講座に通う一番の理由は未経験の人が就職するとっかかりだと思いますので、例え上級クラスでも現役のコピーライターの方が受講する必要はないと思います。

フードライター養成大学

サイト:http://www.foodanalyst.jp/writercollege.html

フードライター養成大学の特徴

日本フードアナリスト協会が設立した講座なので、「食」に関するレポートなど、実績は数多くあります。フードアナリスト会員であれば受講費が安くなります。

フードライターになりたい方にとっては、この講座はとても適しています。ただフードライターは比較的時間が作れる主婦が多く、プロではない一般の方が記事を書いていることも珍しくありません。そのため本気でフードライターになりたい方以外は、この講座はおすすめしません。

講師は、フード関連の雜誌の編集をしている方が担当しているため、フード業界のナマの声を聞くことができます。

料金:フードアナリスト会員:98,000円 一般:250,000円

日本エディタースクール

サイト:http://www.editor.co.jp/course/

日本エディタースクールの特徴

出版社に勤めたい人向けです。編集に必要なスキル、校正に必要なスキルを学ぶことができます。全部で17講座あります。最安の講座は通信講座の雑誌記事入門コースになります。通信講座は比較的安いので仕事で忙しい人には向いています。

文章のプロ集団を育てる専門学校と言ってもいいでしょう。仕事をしている人向けに夜間講座・土曜講座・通信講座を用意しています。時間がある方には、校正者養成専門コースの全日制が人気です。

ただし通学講座はいずれも料金が高いので、よく検討してからにしましょう。

おすすめ講座

通信講座 校正コース

夜間部校正コースや土曜校正教室と内容は変わりません。校正教育を通信教育で受講できるコースです。「校正技術」を読んで設問に答えるテキストもあります。

料金:49,360円
サイト:通信講座 校正コース

通信講座 編集コース

出版業界に就職したい人向けの講座です。本の企画から編集、造本設計、原稿指定、校正、印刷・製本発注の仕方を通信で学ぶことができます。編集作業を行うので、本ができあがる仕組みが分かります。

料金:44,220円
サイト:通信講座 編集コース

通信講座 文章コース

文章の書き方を学べるコースです。コピーライターになりたい人向けではありません。あくまでも文章の書き方を基礎から学びたい人向けの講座になっています。

料金:25,700円
サイト:通信講座 文章コース

LETS

サイト:http://seminar.kurashihow.co.jp/category/lets/school

LETSの特徴

LETSは、Webコンテンツ記事を書きたい人向けです。ベーシックコース、アドバンスコース、プロフェッショナルコースの3つが用意されていて、6ヶ月間みっちり基礎から応用まで学ぶことができます。オンライン版も用意されています。

スクールは女性専用です。主婦も多く、楽しく学べる場を提供しています。オンライン講座はどこよりも安い価格で提供しています。副業で少しのお金でもいいから稼ぎたいといった方であれば満足するレベルですが、プロになりたい!稼ぎたいといった方には物足りないと感じてしまうかもしれません。

料金:スクール(毎年発表時まで未定)、オンライン講座(クラウドライティング「基礎の基」コース)4,000円、(クラウドライティング「初心者」コース)3,800円

日本オンライン総合スクール・ライター養成講座

サイト:http://www.editor.co.jp/course/

日本オンライン総合スクールの特徴

日本オンラインスクールは、自宅にいながら好きなことを好きな時に自由に学ぶことを目的とした通信学校です。ライター講座は、テープ起こしから始まりライティング技術を学ぶことができます。

講師が1人しかいないので他の講座と見劣りがするかもしれません。月に1度、スカイプでのセッションがあるので具体的指導を受けることが可能です。文字起こしから学んでいきますが、取材の仕方や営業についても指導があります。

料金:98,000円~148,000円

Webライター養成講座「School×Work」

サイト:http://webwriter-school.com/

School×Workの特徴

口コミサイトを運営しているHAYAKAWAのライター養成講座です。
School×Workは、入学すると仕事が必ずもらえます。講座修了後、ライタ―としての仕事を保証しています。ライターとして基本的なことを学んだ後は、仕事を通じて実力をつけていくシステムになっているのが他の講座と違います。

クラウドワーキングサイトで仕事を受注することは誰でもできるので、自信がある方は仕事保証のないコースでも大丈夫でしょう。

料金:198,000円、仕事保証がないコースは98,000円で受講可能。

まとめ

ライター講座を受けさえすればお金が稼げるという簡単なものではありません。文章がうまくても稼げない人は大勢います。

とくに稼げるWebライターになりたいという方は、文章の「うまい」「へた」よりもどれだけ早く書くかにまずは集中し、そして量をこなすことができるかが重要です。

世の中にあるライター講座のほとんどが、検索エンジンの上位に表示する「SEOライティング」のことには触れていません。

読んでもらえるキーワードの抽出方法も併せて理解しなければ、Webライターとしては食べていけません。

もちろん、文章の書き方を学んだら誰でもクラウドワーキングサイトを利用して稼ぐことはできます。しかし、生活できるレベルのお金を稼ぎたいのであれば、むしろライター講座を受講するよりも、まずは自分のブログを始めてみることをおすすめします。

文章が書けないと嘆く人のほとんどが、文章を書いていません。

圧倒的に書く量が少ないのです。

書く量が増えてくれば文章は「それなりに」上達します。「それなりに」うまくなれば読者も必ず増えます。読者が増えればやる気に拍車もかかります。

はたまた、すでにブログを書いているのに稼げない・・・という方であれば、その記事の内容を見返すことから始めてみましょう。きっと改善の糸口をつかめるでしょう。

ご参考になりましたでしょうか? ご意見やご質問があればメールにいただければ幸いです。

The following two tabs change content below.

坂下 暢宏

Webライターズドットコムのシステム部管理人。ライティング担当。Webマーケティングの関連のお仕事を行う傍ら、現在までに蓄積したノウハウを公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です