Webライター・ブロガーの文章作成ならコレ!サクラエディタを徹底解説

サクラエディタ

テキストエディタ1つで文章作成のスピードは劇的に変わります。どのエディタを使うか悩んでいる方はサクラエディタの導入を考えてみてはいかがでしょう。前半はインストール方法、後半はライティングの生産性があがるサクラエディタの使い方をご紹介します。文書作成用エデイターでおすすめですので是非試してみてください。

テキストエディタとは、文字のみのファイルをパソコン上で作成、編集、保存するためのソフトウェアの事を指します。余計な機能は一切なく画像やデータの挿入や文字の装飾等はできません。

サクラエディタのインストール

文字を入力することだけに特化をしているため、動作が軽快で長文を書く人は重宝するツールと言えます。テキストエディタは日本製のものだけでも10個以上ありますが、その中でもWebライターやブロガーにおすすめしたいのがサクラエディタです。

まずはインストール方法について解説します。
※記事のインストール環境はWindows7ですが、Windows8も手順は変わりません。

手順1:サクラエディタのホームページにいきます。

http://sakura-editor.sourceforge.net/

インストーラパッケージダウンロードと書いてあるリンクをクリックして、サクラエディタ Downloadというページに行きます。

サクラエディタのホームページ

手順2:V2(Unicode版)最新版ダウンロードする

サクラエディタは年に数回、更新を繰り返していますので最新版をインストールしましょう。2015年1月の最新バージョンはsakura_install2-1-1-4.exeになります。
サクラエディタのインストール

手順3:ダウンロード時の注意

手順2で最新版のダウンロードボタンをクリックすると下記の画面に飛びますが、広告製品が大量に表示されダウンロードボタンがたくさんありますが一切クリックする必要はありません。

サクラエディタのインストールは自動
自動的にサクラエディタのダウンロードが始まります。(2015年1月)

パソコンによっては、

この種類のファイルはコンピュータに損害を与える可能性があります。sakura_install2-1-1-4.exeのダウンロードを続けますか?

と表示されますが、危険性はないので「保存」をクリックします。
サクラエディタのダウンロード

手順4:インストール開始

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。パソコンの環境によってダウンロード先は変わります。
サクラエディタのダウンロード先

「実行」を押します。
サクラエディタのインストール

サクラエディタをインストールします。続行しますか?で「はい」をクリック
サクラエディタのインストール画面

サクラエディタのセットアップウィザードの開始「次へ」をクリック
サクラエディタのセットアップウィザード

インストール先の指定通常はデフォルトのままでOKです。違うところにインストールしたい場合は参照を押して指定してください。「次へ」を選択
サクラエディタのインストール場所

コンポーネントの選択「次へ」をクリック
コンポーネントの選択

※この次に、設定保存方法の選択の画面が出る場合、設定をユーザ毎に個別に管理するにチェックをして次へボタンをクリックしてください。

プログラムグループの指定「次へ」をクリック
プログラムグループの指定

追加タスクの選択「SAKURAで開くメニューの追加」「送るに追加」という項目にチェックをしておくと、テキストファイルを右クリックして出るメニューから「SAKURAで開く」という項目を選べたり、「送る」項目にサクラエディタが出てくるので便利です。
追加タスクの選択

インストール準備完了インストールをクリックしてください。
サクラエディタのインストール準備完了

サクラエディタセットアップウィザードの完了完了をクリックして終了です。
サクラエディタセットアップウィザードの完了

サクラエディタの便利設定

サクラエディタは設定を変更することで、より便利に使うことができます。Webライターやブロガー向けの設定方法をご紹介します。

テキストファイルはすべてサクラエディタで開く設定

通常、テキストファイルを開くと、ウィンドウズ標準のメモ帳で開かれてしまいます。今後はサクラエディタで自動的に開かれるように拡張子の関連付けというものを行います。

1.関連付けを変更したいファイルの上で右クリック。メニューの「プログラムから開く」→「既定のプロブラムから開く」を選びます。
テキストファイルの関連付け

2.「ファイルを開くプログラムの選択」で、「サクラエディタ」を選びます。サクラエディタが「推奨されたプログラム」や「ほかのプログラム」に入っていない場合は、[参照]から選択してください。

ウインドウにある「この種類のプログラムを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックをします。そして「OK」を押せば完了です。
テキストファイルの関連付けの注意点

Webライター、ブロガー用にタイプ別設定と共通設定を行う

「サクラエディタ」の「設定」というメニューにまとめられています。テキストファイルを開いて、上部メニューの「タイプ別設定」をクリックしてください。
タイプ別設定

折り返しを右端で折り返すか、指定行で折り返すに設定する(タイプ別設定)

「サクラエディタ」の初期設定では、テキストはウィンドウの端で折り返さず、水平方向のスクロール・バーを動かして末尾まで見ることになるので非常に面倒くさいです。

「右端で折り返す」を選択した場合は、ユーザーのパソコンの画面右端で折り返されます。
「指定行で折り返す」を選択した場合は、指定した行で折り返されます。
サクラエディタで指定行の折り返し

ワードプレスなどでブログを編集をしている場合は、120で折り返しが変なところで改行されず使いやすいと思いますので、ご自身の環境に合わせて、指定行で折り返すのか右端で折り返すのかを選択してください。

文字の折り返し

ファイルの自動保存を有効にする

文章作成をしていてファイル保存を忘れてしまった・・・こんなことがなくなるよう自動保存を有効にします。テキストファイルを開いて、上部メニューの「共通設定」をクリックしてください。

ファイルのタブをクリックしてファイルの保存で「自動的に保存する」にチェックを入れます。間隔は自由に設定可能です。
サクラエディタの自動保存

サクラエディタの便利コマンド

サクラエディタをおすすめする理由として、コマンドラインオプションというものがあります。Webライターやブロガーが使うと便利な技をご紹介します。

置換

単語を1つずつ修正していくのは労力がかかりますよね。そんなときは「Ctrl+R」で一発解決です。

コントロールキー(Ctrl)を押しながら、「R」を押してください。
置換ウィンドウが表示されますので、置換前に変換前の文字を入れます。置換後に変換したい文字を入れます。

例として、サクラエディタの桜エディタとしてみましょう。すべて置換をクリックします。
置換

一瞬でサクラエディタが桜エディタに変更されました。
置換後

改行をすべて削除したい

CSVファイルにしたいときなど、長文の文章の改行を削除したい時がでてきた場合重宝するコマンドです。

コントロールキー(Ctrl)を押しながら、「R」を押してください。
置換ウィンドウが表示されますので、置換前に[¥r¥n]+を入れます。置換後には何もいれません。すべて置換をクリックします。※¥は半角です。

改行

一瞬で改行が無くなりました。
一瞬で改行が無くなりました。

空白行を削除したい

空白行も一瞬で修正することが可能です。
コントロールキー(Ctrl)を押しながら、「R」を押してください。
置換ウィンドウが表示されますので、置換前にTAB[¥r¥n]+を入れます。置換後には何もいれません。すべて置換をクリックします。

サクラエディタの置換技

※TABは置換ウィンドウでは効かないので、テキストファイルでTabキーを押して[¥r¥n]+を打ちます。コピーして置換前に入れます。

分からない方は下をコピペするとうまくいくと思います。

^[¥r¥n]+

空白行が一瞬ですべて無くなります。
空白行がなくなる

その他、便利なコマンド

用途はあまりありませんが、知っておくと便利なコマンドも載せておきます。TABキーはブログ上では見えないのでコピペして使ってください。コピペ箇所は、「(かぎかっこ)のすぐあとから (かぎかっこ)」手前までです。¥は半角に変換してください。

1.空白行を削除する。スペースとタブの行も削除。
「^[ ¥t]*[¥r¥n]+」→「」

2.行の内容を同一行にコピーする。
「^[^¥r¥n]*」→「-$&-$&-」

3.行の内容を同一行にコピーする。改行だけの行では行わない。
「^[^¥r¥n]+」→「-$&-$&-」

4.行の末尾に文字を追加する。
「$」→「-」

5.行の先頭に文字を追加する。
「^」→「-」

6.改行を含んで行全体を選択する。
「.*」→「-$&」
「[^¥n]*」→「-$&」

7.改行を含まないで行全体を選択する。
「^[^¥r¥n]*」→「$&-」

サクラエディタのまとめ

今回、サクラエディタのインストールから便利な使い方までご紹介しましたが、一番使いやすいエディタを見つける、使うということがWebライターやブロガーには、生産性を上げるためにも必要不可欠だと思います。

文章を書くスピードが上がる、編集スピードが上がるということは「稼ぎ」に直結するからです。ご自身にあったテキストエディタを見つけてください。

今回は厳選した機能のみご紹介したので、こんな使い方はできないのかな?といった疑問がありましたらコメントでお知らせください。

The following two tabs change content below.

坂下 暢宏

Webライターズドットコムのシステム部管理人。ライティング担当。Webマーケティングの関連のお仕事を行う傍ら、現在までに蓄積したノウハウを公開しています。

4 Comments

1024b4u4bgn

サクラエディタのバージョンは、2.1.1.4です。

カーソルが行頭辺りにあるとして、キー1回1回押して行き例文の行内にある「スキャンコードは」の文字の手前(スの文字の左側)に移動するのは面倒なのでショートカットキーを押して一瞬でカーソルを移動するような方法は無いのでしょうか?

例文 3分岐関数(Key2:=”sc07B”,押時間:=.22) ; スキャンコードは、” “で囲まないとダメ!

返信する
坂下 暢宏

1024b4u4bgnさんこんばんは。

記事をご覧頂きありがとうございます。

例文は短いのでなんとも言えないのですがマウスを使わないならば、以下の方法を検討します。

①検索
ショートカット:Ctrl+F

②単語ごとにカーソル飛んで行く
Ctrl+→(矢印は押しっぱなし)

めちゃくちゃ長い文章やデータの場合は、Ctrl+Fで検索実行したあと、F3を押してその単語まで飛ぶというのはよく使います。

これぐらいしか方法がないかもしれません。

返信する
1024b4u4bgn

返信ありがとうございました。

画面の絵や文字も大きく素人には分かりやすく書いてあります。今後も読でいきた思います。

返信する
坂下 暢宏

1024b4u4bgnさん

ありがとうございます。
1月に誕生したサイトですが、皆様のお役にたつような記事を今後もアップしていこうと思います。

またお気軽にコメントいただければと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です