無料のLINE@アカウントを開設して宣伝ツールに使おう!~第1回

ライン@の開設方法

これまでリアル店舗を保有するユーザーにしか開放されていなかったLINE@が、ついに個人ユーザー(一部開設できない業種もあります)にも無料でアカウントが持てるようになったので、その開設の手順をお知らせします。

いわゆるビジネスアカウントとして使える(ビジネス用でLINEが使える)LINE@は、Facebookで言うところのFacebookページです。Facebookよりもプッシュ型と言えるでしょう。

【LINE】公開型アカウント「LINE@」をグローバルでオープン化 法人・個人問わず、月額無料でLINEを対外的なコミュニケーションやビジネスに利用可能
2015.02.13 LINE Family Apps

LINE公式ページのリリース記事はこちら
http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2015/937

LINE@無料版アカウントを開設するには

LINE@のアカウントを開設するためには、LINE@専用アプリ(iPhone・Androidどちらにも対応)をスマートフォンにダンロードして手続きしていく方法と、「LINE@PC版管理画面」というPCから設定手続きできる方法があります。

しかしPCからのLINE@アカウント開設は、LINE「認証アカウント」を持っていなければ利用できないので、今回はスマートフォンアプリからの開設手順をご紹介します。

LINE@はビジネス向けなので、複数人でアカウントを管理する設定など、PCからの管理ができるほうが便利です。

認証アカウントを持っていなくても、手続きの途中からPC管理画面に入れるようになりますので、最初はアプリで基本設定を行っておいて、次にPCの管理画面から設定していく手順でアカウント開設していきます。

◯認証アカウントを持っている方は、LINE@PC版管理画面から入れます。
https://admin-official.line.me/

LINE@アカウントを開設する前に

後にPC版管理画面から入れるように、先に「メールアドレス」の設定を個人LINEアプリから行ってください。(すでにメール設定されている方は不要な手続きですのでスキップしていただいても結構です)

LINE

LINEアプリを起動して、「その他」ボタンをタップして以下の画面を表示します。

画面の上部の歯車マーク「設定」をタップしてください。↓

LINE

「設定」画面を表示します。次に上から2段目の「アカウント」の右側の矢印マークをタップします。

LINE

下の画面の1番上の「メールアドレス変更」の右側の矢印マークをタップします。

LINE

「メールアドレス登録画面」に移ります。

LINE

①にメールアドレスを入力、②に独自に設定するパスワードを2回入力し(6~20文字の半角英数字)、最後に③の「メール認証」をタップしてください。

LINE

ここで、入力したメールアドレスに「認証番号」が送信されます。設定したメールを開いてみましょう。以下のメールが届いています。

LINE

メールの文中にある「4ケタの認証番号」を下図の①のボックスに入力して、②の「メール承認」をタップします。↓

LINE

LINE

上の図の「OK」をタップしてください。

ここまでで、個人のLINEアカウントにメールアドレスを登録できました。LINE@ではなく、個人のLINEのアカウントは携帯電話の番号の登録のみで可能なので、メールアドレスを登録されていない方がいらっしゃるかと思い、ご紹介しました。

次回ご紹介するPC版管理画面でこの登録が必要になります。

さて、これまでに「タップ」という言葉がたくさん出てきましたが、何回出てきたでしょう? という質問ではなく、まさか「タップ」と出てくる度に、まさかタップを踏んでいらっしゃった方はいないと思います。

tapdanceタップダンス (Tap Dance) は、モダンダンスの一つ。元来はアメリカ南部の黒人のダンス。18世紀アメリカ合衆国・サウスカロライナ州の黒人奴隷の労働後のダンスでドラムが打ち鳴らされていたが、1739年にサウスカロライナ州で暴動が発生し、白人が黒人の集まる場でのドラムを禁止し、ドラムの替わりに足を踏み鳴らし音を出した事から始まった。20世紀に映画や音楽とともに世界に広がった。タップスと呼ばれる金属板を靴底の爪先(ボウル)と踵(ヒール)につけて床を踏み鳴らしながら踊る。【Wikipediaより】

 

LINE@アカウント開設の手順

さて、ここからがLINE@のアカウント開設です。iphoneからの開設手順ですが、Androidでもまったく同じです。同じ画面が表示されます。

AppStoreで「LINE@」を検索します。

アプリのダウンロードはこちらから
・App Store:http://nav.cx/efvJWG1
・Google Play:http://nav.cx/4LaWWCn
※アプリ版管理画面の対応OSはAndroid 2.3以上、iOS7.0 以上です。

LINE

↓下の画面の「始める」をタップしてください。

LINE

下の画面が表示されますが、「利用規約」と「ガイドライン」を確認したら、左側の✔マークのところをそれぞれタップしてください。

LINE

以下の画面に切り替わるので、「次へ」をタップします。↓

LINE

「認証」という画面に切り替わるので、プロフィール情報をアクセスすることを、「キャンセル」するか「同意する」するか選んでタップします。

LINE

「同意する」にタップした場合に、次の「アカウントリスト」画面に切り替わります。画面真ん中の「+」マークのところをタップしてください。↓

LINE

年齢確認の画面になります。「OK」をタップして次に進みます。↓

LINE

My Softbankの「年齢確認」の画面になります。中央のボックスに、携帯番号のパスワードを入力してください。

LINE

確認画面が表示されます。LINEに認証情報を提供するかどうかの確認画面です。

LINE

年齢確認の最後に注意事項の確認です。①「注意事項」の先頭のボックスに✔を入れます。そして②の「同意する」ボックスをタップします。

LINE

以上でLINEに認証情報を送ったので、もう一度LINE@の画面に戻ります。

 

プロフィール画面の設定

いよいよ最後のステップ、プロフィール画面の設定です。これで基本設定は完了します。LINE@アカウント開設まであと一息です。

LINE

①アイコン画像の設定

ここをタップすると以下の画面が表示されます。

「OK」をタップしてください。カメラのアプリが起動するので写真を撮ります。↓

LINE

撮った写真が表示されるので、この写真でよければ下の右側の「写真を使用」のところををタップ。

LINE

トリミングの画面に切り替わるので、写真の位置調整(写真をタップしまま動かす)をして、画面右下の「確認」ボタンをタップしてください。

LINE

アイコン画像におさまりました。

LINE

②名前の設定

LINE@はビジネスアカウントです。ここの名前は、個人名ではなく看板名などにしましょう。最大20文字まで入力できます。

LINE

③業種の設定

LINE

右の「必須」と書いてある横の矢印マークをタップして、具体的に選んでください。

LINE

最後に④「アカウントの作成」をタップします。

LINE

これで終わりです。お疲れ様でした。以下の表示になりますので、下の「ホーム」と書いてある家のマークをタップしてください。

LINE

これがトップ画面です。

LINE

背景の富士山と桜の画像は、次回その設定方法をお知らせします。

LINE

The following two tabs change content below.

川添勤

Webライターズ創設者の一人。ライティング担当。健康情報サイト『ルナルナ』、音楽情報配信サイト『Music.jp』などを運営する株式会社エムティーアイ (東証第一部上場:9438)ソリューション事業部ICT担当顧問。書籍出版のプロデュース事業も抱えつつ毎日Webライティングのことばかり考え奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です